島本屋店員のブログです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
菊鷹 菊一文字 山廃純米 生をごくり♪
2014-04-30 Wed 18:33
いやはや、先日あげた
スケボーみたいなやつ「リップスティック」
完璧に上の子に、技術が抜かされつつあり
焦りを感じている日々です(笑)


ただ、ここは大人な意地をみせなければなりません(笑)
(ただの負けず嫌い(笑))

こっそり練習してます(笑)

さて、そんなふざけた話は置いといて、

今宵のネタは「菊鷹」さん

今季で2季目の山本さんが醸す「菊鷹」さん

菊花雪 本醸造・純米吟醸
そして、純米。

8号酵母で醸された1本です。

菊鷹 菊一文字

菊鷹 菊一文字裏

初日は
可愛らしい甘い香り。駄菓子?綿菓子?ヨーグル?
いや、ぶどうだ!なんて、香りをくんくん(笑)

何処かで嗅いだことあるような、香り。

とろりときて、ピリッとガス、
甘みはまだ、抑え目ですが、
奥に伸びのある余韻を感じるいい甘み♫
キィーーーんとシャープで
ストレートな酸が甘みと同時が少し先にきて、
爽やかさとシャキンと筋を通してくれてます!
グレープフルーツのような苦味がぎゅっときて、
最後は苦味の余韻が残る。。。

一ヶ月近く放置で
味わいは、マスカット&日本のぶどうを皮ごと
頬張ったかのようなきれいな甘味と酸、そして、渋

最後は、ぎゅんと辛口。

25BYは、スケジュールで
蔵にお伺いできず( TДT)

山本さんにもお会いできませんでした( TДT)

メールで、25BYのことを伺いました!
いつもながら、すごく丁寧で、紳士的なお返事に
頭が下がりますm(_ _)m

ジェントルマンです!
お会いしても、またジェントルマンで素敵な方です!

1)菊鷹の25BYのコンセプトは?

25BYのコンセプトは、昨年から引き続き「めり張り」です。

純吟・純米・本醸造、酸を基調にしながらもそれぞれ、個性が出るように造るということでした。

吟醸は吟醸感。各種に味の違い・濃淡をはっきり持たせること。

3)菊一文字というサブタイトルについて

菊一文字のサブタイトルは、鎌倉時代の刀工則宗から取りました。
酒の銘にはよく正宗とかありますから。造る前から決めていました。

ゴツさと後味のキレを両立させた超辛の酒。

そういうイメージで昨年と違った酒を造ろうと考えてました。

ゴツくても雑味や重さは出したくないんです。

4)24BYから25BYの進化について。

昨年からのコンセプトを追究して来ただけです。

あくまで自分のイメージの中でですが。昨年の純吟は早い時期から味が乗り過ぎでした。逆に純米は味が乗らなさ過ぎでした。

もっとモロミ本数を造らせてもらえれば経験値を増やせますし、試行錯誤出来ていいんですが‥

山本さんにもっとお酒を造ってもらえるように
なんとかならないものでしょうか?
藤市酒造さまm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
スポンサーサイト
別窓 | 昨晩の晩酌(地酒) | コメント:1 | トラックバック:0
| 酒屋さんの独り言 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。